昔とは変化している葬儀【家族葬で大切な人をお見送り】

数珠

注目されている葬儀

フラワー

お葬式も今の時代は形も様々となりました。一般葬というのは、多くの方の弔問に訪れて、故人の冥福を祈ってもらいます。今も、そのスタイルのお葬式はあり、会社がらみやお付き合いの多い方には、一般葬を行う傾向があります。そして、今主流になりつつあるのがお葬式でも、コンパクトに行える家族葬です。家族葬は、身内と親しい人だけの30名からのお葬式で、費用も一般葬よりもかからずに見送りが出来ます。自然葬や宇宙葬といった、変わったお葬式もありますが、今は家族葬が多くの方が行い、プランも葬儀社によって内容と費用も違ってきます。これからのお葬式を考えるのであれば、コンパクトで小さなお葬式もありでしょう。そのためには、色んな葬儀社のプランを知ってください。

家族葬について、ただ安いからという安易な考えだけ絵はいけません。あくまでもプラン内容から30万円から行えますが、それにプラスしてオプションを付けて行かねばなりません。費用を抑えていくには、オプションも要らないものは外し、必要な物を取り付けていく方法です。さらに、戒名代といったお布施や心づけなどもどのくらい支払えばいいのかわからない物でしょう。そういった方にも、今は葬儀社の方でセミナーや講演会などを催しています。色んな事が解りますし、見積もりを出してもらうとどれくらいかかるのかというのがわかります。家族葬とはいえ、費用はかかりますからそういった面でも一度セミナーなどに参加すると良いでしょう。見えない部分も見えてきます。

葬式

人気の家族葬

核家族化や高齢化社会が進むにつれて、家族葬を選ぶ人が増えています。家族葬は普通の葬儀よりもスケールを小さくした葬儀です。遺族、親族、知人たちだけでリラックスして葬儀ができます。埼玉県内でも家族葬のニーズが高くなっています。

線香

低コストな斎場と火葬式

コストを抑えてお葬式をする場合、市営斎場があります。市営斎場は公営の斎場で、安く葬儀ができるのがメリットです。宮前区民なら川崎市の市営斎場がお勧めです。また、火葬だけする火葬式も安くできるお葬式として注目されています。

蝋燭

最後のお見送りの仕方

生野区で家族葬を検討したいと考えているのであれば、見積もりと内容を吟味することが大事です。何処でも同じだと考えていたら、それは間違えです。見積りを複数貰って吟味することが大事であり、後悔しないお葬式をすることができます。