人気の家族葬|昔とは変化している葬儀【家族葬で大切な人をお見送り】

昔とは変化している葬儀【家族葬で大切な人をお見送り】

男性

人気の家族葬

葬式

少人数でできる

少人数で葬儀を行うことを「家族葬」と言います。参加するのは基本的に遺族や親族だけです。故人の友人や知人などが参加することもありますが、多くても80人以下です。一般の会葬者がいない分、遺族は煩わしい接待をする必要がなく、ゆっくりと故人と最後の時間を過ごすことができます。家族葬は核家族が多い首都圏を中心に、じわじわと人気が出ています。埼玉県内でも、葬儀のときに家族葬を選ぶ人が増えています。埼玉県の葬儀社のほとんどに、「家族葬プラン」があります。家族葬プランは必要最低限の費用で葬儀ができる、お得なパッケージプランです。参加人数にもよりますが、基本料金30万円〜80万円ほどで通夜式から告別式まで行えます。

家族葬の内容

家族葬の内容は普通の仏式葬儀と同じです。亡くなった最初の夜に通夜式があります。そしてその翌日に葬儀と告別式があります。最近は通夜から告別式までまとめてするケースも多いようです。会場は自宅の場合と斎場の場合があります。埼玉県でも広い戸建てに住んでいる場合は、自宅でもできます。しかし、埼玉でマンション住まいの場合は近所に迷惑がかかるので、斎場で行うのが一般的です。通夜や葬儀では、僧侶によるお経の読み上げと、遺族や親族、参加者によるお焼香があります。ただ堅苦しいセレモニーはないので、弔事の読み上げや喪主の挨拶などはない場合が多いです。気がおける仲間たちしかいないので、リラックスして参加できるのがメリットです。